BODY GUIDE

プロフィール

KUMA

日本ホリスティックコンディショニング協会認定
フィジカルコンディショナー

幼少期に大病を経験したこともあり、
すぐに高熱を出してしまうような軟弱な子供でした。

が、漫画アニメ「スラムダンク」に感化されてから
バスケットボールを朝から晩まで追いかけ回すように…
そんな生活を大学生まで。

おかげで風邪ひとつ引かない、逞しい人間になりました。

競技を引退してからはスノーボードを嗜んでいます。
モフモフのパウダースノーが生み出す浮遊感、
キレのあるカービングが生み出すスピード感、
スプレーを上げて滑るカッコ良さ、
そもそもその環境を生み出してくれる自然の魅力に取り憑かれ、
趣味とはいえ真剣に打ち込んでいます。

特に北海道が大好きで、毎シーズン一人で何度も通うほどです。
おかげで、年代問わずたくさんのローカルのお友達ができました。
キロロ・ルスツ・ニセコ・国際に必ず行っています。

fleximg
fleximg
トレーナーとしての歩み

2007年
バスケットマンにとっては大変不利な小柄な体格なこともあり、
特に大学時代はフィジカルの差が歴然で、
大柄の選手とのコンタクトに耐えきれず怪我をしてばかり。

病院に行くまでではない小さな怪我は星の数ほど…
両肩の脱臼・骨折、膝前十字靭帯損傷といった大きな怪我も経験。

競技引退後、大学4年間のうちの半分は怪我のリハビリとトレーニングに費やした経験を生かそうと、
フィットネスクラブのジムスタッフとして働きはじめる。

解剖学書や解剖模型などを見ることが好きだったこともあり、
人体の仕組みやトレーニング理論などの知識を独学ながら深めていく。

更に、社内で開催された解剖学セミナーへの参加で骨格や関節の動きの面白さに気づかされ、
すっかり機能解剖学にのめり込むようになる。

2008年
現場で会員様と触れ合う中で、身体は同じようで全く違うということを思い知らされる。

しかし自分の技量的にも、会社のシステム的にもマニュアル通りの指導しかできず、
お客様が本当に求めている結果に導けないことにフラストレーションが溜まるようになる。

その頃にパーソナルトレーニングというシステムと、日本ホリスティックコンディショニング協会(JHCA)と出会う。

JHCAアカデミーの見学に赴いたところ、
今まで自分が行ってきたストレッチやトレーニングが意味づけされていないものだと痛感させられる。

また、神経-筋を促通させるテクニックと、その即効性に衝撃を受ける。
人の手の導きでしかその効果を促せないことを目で見て、体感して、
“私がやりたかった仕事”に出会えたと確信。
この道を邁進することを決意。

2009年
JHCA認定フィジカルコンディショナーの資格取得後、都内大手フィットネスクラブでの活動を開始。
年々活動域を広げて都内3ヶ所のフィットネスクラブで外部委託トレーナーとして活動、経験を積む。

2014年
活動先のうちの1つのフィットネスクラブが閉店。
それに伴い、同じJHCA会員で、当時同じ施設でも働いていた並木詠智氏(Body Awake Labo.代表)を頼り、
西荻窪駅すぐにある店舗(旧 並木コンディショニングセンター)の空き曜日を間借りし、
営業させていただく運びとなる。

とにかく私を頼りにしてくださる方々を受け入れることだけ考えてスタートしたため閉鎖的な運営ではあったが、
ご紹介・口コミで評価を頂きたくさんの方にいらして頂く。

2018年 現在
並木氏の改革(Body Awake Labo.の立ち上げ)に引っ張られるかのように、
私も西荻窪を発信基地にして人体について自らの考えや理念、経験を世の中へと伝えて行くことをしようと決意。

私の思いを込めて「BODY GUIDE」と名付け、のれんを掲げる。

これまで述べ…
何人担当したか?などの明確な数は数えてきおりませんが、
だいたい1年で1200本前後のセッションを担当させて頂いております。

何かで1番になるなどには興味はなく、たくさんの「ありがとう」を頂戴できるか?を重要視し、
今までたくさん頂けてきたという自負はあります。

主に『痛くて○○できない』という問題や不安に対して、
事象だけに囚われずに総合的な評価から原因を見極めることと、
運動力学理論に基づいて行う動作改善指導に定評を頂いております。

真相は「お客様の声」をご覧ください。

早いもので、2018年で10年目に突入です。
普遍的なものを大切にしつつも変化を恐れずに、
常に一人一人のその時の“ベストな選択”へと皆様をガイドできるように今後とも精進して参ります。

そして、一人でも多くの方に身体についての正しい知識やトレーニング方法論をお伝えできるように、
邁進していく所存です。

西荻窪・出張・フィットネスクラブ
パーソナルトレーニング
マンツーマン指導

Return Top